テーマ:物語

安らぎの一時

それはある日の昼下がりの出来事だった。 「刹那、寒くないかい?」 「はい、大丈夫です」 制服に身を包んだ雷と刹那は、それぞれのキャンパスに程近い小さな公園のベンチに座っていた。 その膝の上には弁当箱が。 午前の授業が終わるチャイム。 それと同時に雷は気付く。 弁当が無い事に。 刹那と一緒に住むようになってからは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四神・蒼夜(繊細なる硝子・b00988)の物語

同じ結社の友人、四神・蒼夜(繊細なる硝子・b00988)の紡いだ出来事をこの場を借りて紹介したいと思う。 蒼夜からのコメントで 「長い+どろどろしていてすみません(土下座)」 だそうなので、頑張って読んで欲しい。 感想はここにコメントするか、蒼夜に直接、手紙を送ってください。 ではご覧あれ。 下弦の月 色水
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近、滞っていたので一挙に見せます!!

むげファンで金沢オフに行ったり新潟オフに行ったりと忙しい日々を過ごしていて、ブログ更新をすっかり忘れてました(アハハハ) えっ? オフに関する報告はだって? ははは、そんなものは他の人のを見てくれよ……(遠い目しつつ/何) んじゃ最初は依頼から。 『饒舌な男』という、ナンパ男のリビングデッド退治。 はっきり言ってプレイング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絆の記憶~愛するものの為に~

それはある日の昼下がり…… 「いらっしゃいませ」 初老の男性が出迎える。 「え~っと…その……」 キョロキョロと周囲の目を気にしながら、その店に入ってくる挙動不審の青年が1人。アズマである。 金や銀の細工が棚に陳列されたちょっと高級感漂うアクセサリーショップ。 店内に男性は店主以外は彼1人。 「本日はどのようなご用件でしょ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

リプレイ

◆オープニング◆ 『紅の絆 ~Bond of Fire~』が拠点としている地域には普通に四季がある。 夏は暑く、冬は寒くなる。 寒くなれば当然、雪が降る……。 そんな寒くなり、雪が降り出す前のこの季節。 動物達が冬眠のために蓄えを始める季節……。 「グヒィィィッッッ!!!!」 バトルコロシアムが終わり、閑散とした簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more